温泉ざんまいできる北欧の国

火山国であるアイスランドには日本人にとって魅力的な温泉が沢山あります。
その中でも特に有名な温泉がブルーラグーンです。

地熱エネルギーを利用して人工的に作られた場所ですが、
ミネラル成分を多く含むその成分を目当てに世界中から
湯治治療で沢山の人々が足を運んでいます。
アトピーなどの皮膚疾患をもった人に、特に注目されているようです。

もちろん観光目的にくる人も多く、青く美しく広がる幻想的な温泉は
50mの競泳用プール4個分の広さで、深さは1.4mもあるところもあり、
リゾート気分満載です。

シリカと呼ばれる美容成分を多く含んでいるので、女性たちには泥パックが大変人気があります。
同じ成分を含んだ化粧品も販売されています。
ケフラヴィーク国際空港から車で約15分のところにあるのでアクセスも良いです。

フィンランドで有名なスパリゾート地といえば、ナーンタリでしょう。
ムーミン谷に出てくるような神秘的な美しい自然に囲まれた所です。

ヨットが停泊しているハーバーや、カラフルな木造家屋が立ち並ぶ街は
まさにおとぎ話に出てきそうな可愛らしさです。

こちらのホテルは施設が整っている所が多く、
最上級のリラクゼーションタイムを楽しむことができます。

温泉とはいかなくても、フィンランドと言えばサウナが有名です。
本場フィンランドのサウナでは熱く焼けた石の上に水をかけて蒸発させるスチーム式のサウナで、
熱くなったら、夏なら湖へ、冬なら雪の中に飛び込むのが習わしです。
AVANTOと呼ばれる氷の穴に飛び込むこともあります。