スウェーデンとデンマークのカジノ

世界一美しい首都と言われるスウェーデンのストックホルム。
平和で福祉制度が大変充実した都市として強い印象がありますが、
その一方で娯楽施設であるカジノを併設した2つ立派なホテルが存在します。

このカジノは公営で、ラスベガスのような華々しさはありませんが、
ストックホルムの人たちの娯楽の一つとして愛されています。

そのホテルはストックホルム中央駅徒歩2分の場所にあるシェラトンストックホルムホテルと、
旧市街地まで徒歩約5分の所にあるCandic Sergel Plaza Hotel Stockholmです。

観光や宿泊とともにカジノを気軽に体験することが出来るため、
観光客にも人気があるようです。

また前述の2件の他にカジノ・コスモポール・ストックホルムという
スウェーデン賭博協会が運営するカジノが市内に4箇所あります。
いずれも交通の便が良い場所にあります。

デンマークにも、いくつかカジノがありますが、コペンハーゲンには1件のみとなっています。
そのカジノはカジノ・コペンハーゲンと言い、
ラディソンブルー・スカンディナビアホテル・コペンハーゲンという
1990年オープンの格式のあるホテルの中にあります。

コペンハーゲン中央駅から徒歩約20分なので、散策しながら行くのも良いでしょう。
カジノへの入場は18歳以上で、サンダルやキャミソールなどは禁止という程度の
ドレスコードがあります。

カジノで一般的に問われる程度のものですので、あまり深刻に捉える必要はありません。
観光客の場合はパスポートなどの顔写真入り身分証明書を携帯しておきましょう。
この辺りは治安も良い地域であるため、安心して遊ぶことが出来ます。